研究業績

IMG_2813
LINEで送る
Pocket

帽子

以下は研究主幹・井坂康志によるものです。
  友にして師・大木英男さんに捧げる

 

【著書(共著を含む)】

1.『ビジュアルデータアナリシス:問題の見える化』(共著)東海大学出版会、2007年、pp.95-98

2.『社会知能システム入門:内閣支持率は予測できるか?』(共著)東海大学出版会、2007年、pp.85-88
3.『ユビキタスコンピューティング:近未来社会の光と影』(共著)東海大学出版会、2007年、pp.95-98
4.“Management as a Bridge between Culture and Civilization: A philosophical Framework for the Next Century”, Peter F. Drucker’s Next Management: New Institutions, New Theories and Practices, Winfried Weber ed., Verlag Sordon, Germany, 2011

5.『ドラッカー入門 新版』 ダイヤモンド社、2014年

6.『ドラッカー――人・思想・実践』文眞堂、2014年

「知識、技術、文明」

7.『自らをマネジメントする ドラッカー流フィードバック手帳』かんき出版、2016年

8.『レオノーレ あるいは月影と水車』文明とマネジメント研究所、2017年7月7日

 

 

【学術論文】

1.「環境と情報技術に関する研究」(共著)鳥取環境大学 篠原勲研究室(2002年特別研究)2002年4月、pp. 72-83

2.「〈初期〉東洋経済新報社の思想形成過程に関する考察:J・S・ミルの自由概念の継承を中心に(上)」『自由思想』((財)石橋湛山記念財団)(第92号)2003年1月、pp.45-55

3.「環境と情報技術による市場原理転換に関する一考察」(共著)東京大学社会情報研究所 田中秀幸研究室、2003年3月

4.「〈初期〉東洋経済新報社の思想形成過程に関する考察:J・S・ミルの自由概念の継承を中心に(下)」『自由思想』((財)石橋湛山記念財団)(第93号)、2003年6月、pp.51-55

5.「中小企業の協同組織行動とネットワーク連携の進展に関する考察」(共著)鳥取環境大学篠原勲研究室、2003年8月

6.『中小企業ネットワーク連携の進展に関する考察』修士論文(東京大学社会情報研究所修士論文)、2004年3月

7.「中小企業における環境情報開示の動向」『中小企業と組合』(全国中小企業団体中央会)2004年10月、pp.20-25

8.「幻と希望の轍:石橋湛山と矢内原忠雄における平和思想の比較考察(上)」『自由思想』((財)石橋湛山記念財団)(第94号)2004年10月、pp. 45-61

9.「幻と希望の轍:石橋湛山と矢内原忠雄における平和思想の比較考察」(下)」『自由思想』((財)石橋湛山記念財団)(第95号)2004年12月、pp. 31-39

10.「ドラッカー社会哲学における自由概念の位置付け――初期2作を中心として」『鳥取環境大学紀要』第3号、2004年12月、pp.73-84

11.「中小・個人企業におけるネットワーク化の進展と協同組織」『経済社会学会年報』(経済社会学会編)XXVII(現代書館)2005年2月、pp.61-63

12.「『マネジメント以前』におけるドラッカーの思考様式に関する試論」『鳥取環境大学紀要』(共著)(鳥取環境大学)第4号、2005年10月、pp.94-108

13.「P. F. ドラッカー『産業人の未来』における文明と社会」『文明』No. 8(東海大学文明研究所)2006年2月、pp.23-36

14.「ドラッカーの保守主義」『経済社会学会年報』(経済社会学会編)XXIX(現代書館)2006年2月、pp.171-186

15.「保守と変革」『文明とマネジメント』(ドラッカー学会)No.1、2006年10月、pp.69-82

16.「P.F.ドラッカー思想の基本構造」『文明』(東海大学文明研究所)No.9、2007年5月、pp.17-29

17.「P. F. ドラッカーにおける知識の概念」『鳥取環境大学紀要』(共著)(鳥取環境大学)第5号、2007年2月、pp.31-44

18.「P. F. ドラッカーの保守主義思想――E. バークの遺産と産業社会の構想」『情報学環紀要』(東京大学情報学環)No. 72、2007年2月、pp.31-44

19.「プロシア軍に何が起こったか」『文明とマネジメント』(ドラッカー学会)No.2、2007年6月、pp.136-150

20.「P. F. ドラッカーにおける文明と技術--メディア論的接近」『文明とマネジメント』(ドラッカー学会)No.3、2008年11月、pp.150-167

21.「ドラッカー研究の方法論に関する一考察――文明とマネジメントへと視角」『鳥取環境大学紀要』」(共著)(鳥取環境大学)第8号、2009年11月、pp.111-121

22.「脱『昨日の世界』の哲学--ウィーン、フランクフルトの時代」『現代思想』(青土社)Vol. 38-10、2010年6月、pp.101-113

23.「産業人ヴァルター・ラーテナウ--P. F. ドラッカー初期著作(1933-1942年)の政治的射程」『文明とマネジメント』(ドラッカー学会)No.5、2010年8月、pp.181-212

24.「非定住的思考の起源:ツヴァイク,ラーゲルレーブ,ムージルをめぐって」『文明とマネジメント』(ドラッカー学会)No.5、2011年5月、pp.139-163

25.「ドラッカー――視座の定点と変遷」『文明とマネジメント』(ドラッカー学会)No. 9、2013年5月、pp.38-64

26.「マネジメントにおける自由と戦略的曖昧さ」『文明とマネジメント』(ドラッカー学会)No.10、2013年11月、pp.48-65

27.「ドラッカー『現代の経営』における顧客創造の実践的フレームワーク -キッコーマンの海外マーケティングを事例として」『ものつくり大学紀要』第5号、pp.1-12

28.「ドラッカーにおけるフィードバックの概念」『立命館経営学』第54巻第4号、2016年1月、pp.165-176

29.「現代経営学とドラッカー-J.マチャレロ&リンクレターによるリベラル・アーツの概念を中心として」『ものつくり大学紀要』2016、pp.1-7

 

【記事・論考】

1.上田惇生「入門ピーター・ドラッカー8つの顔」『週刊東洋経済』2001年6月9日-7月28日

2.P. F. ドラッカー「[スペシャル・インタビュー]ドラッカーの最新『未来予測』」『週刊東洋経済』2005年7月2日号、pp. 96-98

3.「銀行員のためのブックガイド」『地銀協月報』(全国地方銀行協会)2005年11月号、pp.36-37

4.「銀行員のためのブックガイド」『地銀協月報』(全国地方銀行協会)2005年12月、pp.36-37

5.「未来予測において、完璧な青写真は描けるか--ピーター・ドラッカーの知恵を今こそ学ぶ」『月刊New Finance』2007年4月号、pp.21-28

6.上田惇生・井坂康志「21 世紀文明学への視座:新たなドラッカー研究に向けて」『文明とマネジメント』(ドラッカー学会)No. 2、2008年11月、pp.1-10

7.上田惇生・井坂康志「文明と文化の懸け橋としてのマネジメント:次なる百年のためのフレームワーク」『文明とマネジメント』(ドラッカー学会)No. 3、2009年11月、pp.10-35

8.野中郁次郎・井坂康志「実践知:時代を挑発してやまぬ方法論」『文明とマネジメント』(ドラッカー学会)No. 3、2009年11月、pp.36-57

9.ブルース・ローゼンステイン「ドラッカーに学ぶ最良の生き方」『ダイヤモンド・オンライン』2011年4月7日、4月14日

10.上田惇生・井坂康志「[対話]ポストモダンの作法としてのマネジメント」『『文明とマネジメント』(ドラッカー学会)No. 7、2012年5月、pp.165-168

11.上田惇生・井坂康志「[対話]観察法の観察」『文明とマネジメント』(ドラッカー学会)No. 8、2012年11月、pp.165-174

12.「人を生かし、企業を元気にするドラッカーの思想」『WinWing』2013年、Vol.21、pp.5-6

13.[座談会]「医療とドラッカー考える」『病院経営』VOL.4.2、2014年8月、pp.2-18

14.【ドラッカー流コミュニケーション①】「伝える」基本」『月刊経済広報』(経済広報センター)2014年9月号、pp.10-11

15.【ドラッカー流コミュニケーション②】「卓越に着眼する」 『月刊経済広報』(経済広報センター)2014年8月号、pp.12-13

16.【ドラッカー流コミュニケーション③】啓発の言語を使う――問いと比喩で世界が広がる」『月刊経済広報』(経済広報センター)2014年10月号、pp.18-19

17.【ドラッカー流コミュニケーション④】経験という宝――素材を分けてもらう」『月刊経済広報』(経済広報センター)2014年11月号、pp.14-15

18.「ポストモダン三十六景」『文明とマネジメント』No.11、pp.83-105

19.「21世紀に知の回路を開く続ける人-ドラッカーに学ぶこと」『経済広報』2015年7月、pp.14-15

20.インタビュー「過去に学び未来を見据える-伝えたい文化、創造すべき明日」『青雲』14号、2015年、pp.5-8

21.インタビュー/ジェイ・ルービン(ハーバード大学名誉教授)「なぜ村上春樹は世界中の人に『ささる』のか」『東経オンライン』2015年9月25日

22.「2005年、P.F.ドラッカーに会いに行く」『文明とマネジメント』(ドラッカー学会)No.12、2015年11月、pp.311-326

23.「ドラッカーのカスタマー論-マネジメントの哲人は『顧客創造の本質』をこう解き明かした」『月刊商人舎』2016年6月号、pp.28-33

24.「『傍観者の時代』の時代-N・S氏に捧げる」『C&M Journal』5(ドラッカー学会)2016年7月、pp.13-15

25.「現場で役立つドラッカー案内ベスト10」『Nursing BUSINESS』(MCメディカ出版)2016年第10巻9号、pp.20-27

26.「風の記憶」『多田ゼミ同人誌・研究紀要』VOL.5(一橋大学大学院社会学研究科・社会学部 多田治ゼミナール)2016年9月19日、pp.64-71 

27.「ディラン--考えないで、いい」『多田ゼミ同人誌・研究紀要』Vol.6(一橋大学大学院社会学研究科・社会学部 多田治ゼミナール)2016年12月5日、pp.64-76

28.インタビュー/ジェイ・ルービン(ハーバード大学名誉教授)「ハルキ小説の『英語版』はこうやって生まれた」『東経オンライン』2016年12月10日

29.「村上春樹の異界-井戸と暗渠と1995年」(1)『多田ゼミ同人誌研究紀要』Vol.7(一橋大学大学院社会学研究科・社会学部 多田治ゼミナール)2017年2月2日、pp.13-24

30.「ちいさな死を友として」『多田ゼミ同人誌研究紀要』Vol.8(一橋大学大学院社会学研究科・社会学部 多田治ゼミナール)2017年3月23日、pp.68-75

31.「ドラッカーに学ぶ地域経営」『JA農業協同組合 経営実務』2017年7月号、pp.37-42

32.[講演録]「聞く、読む、タイプで変わるコミュニケーション 書く習慣とフィードバックで成長に繋げる」『GP JAPAN』(全国グラビア協同組合連合会)、2017年6月号、pp.29-33  

33.[講演要旨]「第二回 女性活躍推進セミナー『ドラッカーに学ぶ働き方改革』」『JFPI REPORT』(日本印刷産業連合会)No.160、2017年7月、pp.20-21

 

 【その他】

ドラッカー学への招待(『しんくみ』(全国信用組合中央協会))

 

「現代人はドラッカーに何を求めているのか?」(ドラッカー学への招待第1回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.82-83、2011年10月

「彼は何者だったのか」(ドラッカー学への招待第2回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.84-85、2011年11月

「なぜ彼は鉱脈に到達しえたのか」(ドラッカー学への招待第3回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.68-69、2011年12月

「マネジメントの冒険」(ドラッカー学への招待第4回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.76-77、2012年1月

「『発明』されたマネジメント」(ドラッカー学への招待第5回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.74-75、2012年2月

「『真摯さ』と『強み』」(ドラッカー学への招待第6回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.76-77、2012年3月

「現場が原点」(ドラッカー学への招待第7回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.68-69、2012年4月

「マネジメントの三つの役割」(ドラッカー学への招待第8回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.72-73、2012年5月

「強みを知る方法」(ドラッカー学への招待第9回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.80-81、2012年6月

「目標管理というコンセプト」(ドラッカー学への招待第10回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.80-81、2012年7月

「『予期せぬ成功』を活用する」(ドラッカー学への招待第11回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.82-83、2012年8月

「すでに起こった未来」(ドラッカー学への招待第12回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.74-75、2012年9月

「ドラッカーは『フィードバック』せよと言った(1)」(ドラッカー学への招待第13回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.74-75、2012年10月

「ドラッカーは『フィードバック』せよと言った(2)」(ドラッカー学への招待第14回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.80-81、2012年11月

「ドラッカーは『フィードバック』せよと言った(3)」(ドラッカー学への招待第15回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.80-81、2012年12月

「意思決定の作法――見解からスタートせよ」(ドラッカー学への招待第16回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.76-77、2013年1月

「流通チャネルは顧客そのものである」(ドラッカー学への招待第17回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.80-81、2013年2月

「利益の考え方」(ドラッカー学への招待第18回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.86-87、2013年3月

「NPOが組織の未来について教えてくれること――ミッション」(ドラッカー学への招待第19回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.78-79、2013年4月

「NPOが組織の未来について教えてくれること(2)――顧客」(ドラッカー学への招待第20回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.82-83、2013年5月

「NPOが組織の未来について教えてくれること(3)――成果、計画」(ドラッカー学への招待第21回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.80-81、2013年6月

「ネクスト・ソサエティ」(ドラッカー学への招待第22回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.84-85、2013年7月

「知識社会とは何か①」(ドラッカー学への招待第23回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.80-81、2013年8月

「知識社会とは何か②」(ドラッカー学への招待第24回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.72-73、2013年9月

「知識社会とは何か③」(ドラッカー学への招待第25回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.82-83、2013年10月

「実践躬行の精神」(ドラッカー学への招待第26回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.96-97、2013年11月

「成果をあげる人の条件」(ドラッカー学への招待第27回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.90-91、2013年12月

「成果をあげる人の条件②――体系的廃棄」(ドラッカー学への招待第28回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.84-85、2014年1月

「成果をあげられない人のほうが多く働いている理由」(ドラッカー学への招待第29回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.86-87、2014年2月

「成果のあがる職場が退屈な理由」(ドラッカー学への招待第30回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.82-83、2014年3月

「よい人間関係を持つということ」(ドラッカー学への招待第31回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.80-81、2014年4月

「人を育てる」(ドラッカー学への招待第32回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.80-81、2014年5月

「リーダーとは誰か」(ドラッカー学への招待第33回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.82-83、2014年6月

「組織の成長とマネジメント」(ドラッカー学への招待第34回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.82-83、2014年7月

「顧客は合理的である」(ドラッカー学への招待第35回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.76-77、2014年8月

「質的に見るということ」(ドラッカー学への招待第36回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.80-81、2014年9月

「レセプティブ思考①――ドラッカーの実践的姿勢」(ドラッカー学への招待第37回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.88-89、2014年10月

「レセプティブ思考②――『きざしつわるもの』に着目する」(ドラッカー学への招待第38回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.90-91、2014年11月

「レセプティブ思考③――ドラッカーと日本」(ドラッカー学への招待第39回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.90-91、2014年12月

「レセプティブ思考④――これ以上均一性はいらない」(ドラッカー学への招待第40回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.90-91、2015年1月

「期待されるほど人は成長する」(ドラッカー学への招待第41回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.84-85、2015年2月

「『企業とは何か』を読む①――現代経営学の古典」(ドラッカー学への招待第42回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.82-83、2015年3月

「『企業とは何か』を読む②――一草をもって万理を究める」(ドラッカー学への招待第43回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.82-83、2015年4月

「『企業とは何か』を読む③――それは『政治的』組織でもあった」(ドラッカー学への招待第44回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.76-77、2015年5月

「ドラッカーの話法①――思考の前提に働きかける」(ドラッカー学への招待第45回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.80-81、2015年6月

「ドラッカーの話法②――ひたすら耳を傾ける」(ドラッカー学への招待第46回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.85-86、2015年7月

「ドラッカーの話法③――あるがままに見る」(ドラッカー学への招待第47回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.82-83、2015年8月

「ドラッカーの話法④――マーケティング的発想」(ドラッカー学への招待第48回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.82-83、2015年9月

「人生をマネジメントする――第二の人生への助走」(ドラッカー学への招待第49回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.74-75、2015年10月

「沈思黙考を武器にする」(ドラッカー学への招待第50回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.82-83、2015年11月

「ドラッカーのCSR」(ドラッカー学への招待第51回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.82-83、2015年12月

「強みを知る方法――フィードバック分析①」(ドラッカー学への招待第52回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.86-87、2016年1月

「自分が何をしたいかを知る方法――フィードバック分析②」(ドラッカー学への招待第53回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.80-81、2016年2月

「顧客に聞く――フィードバック分析③」(ドラッカー学への招待第54回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.82-83、2016年3月

「ドラッカーのささやかな知恵①――会議の作法」(ドラッカー学への招待第55回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.70-71、2016年4月

「ドラッカーのささやかな知恵②――キャンペーンはマネジメント破壊する」(ドラッカー学への招待第56回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.68-69、2016年5月

「ドラッカーのささやかな知恵③――『学び方』を学ぶ」(ドラッカー学への招待第57回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.64-65、2016年6月

「ドラッカーのささやかな知恵④――時間から入る」(ドラッカー学への招待第58回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.78-79、2016年7月

「ドラッカーのささやかな知恵⑤――前倒しのもたらす効用」(ドラッカー学への招待第59回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.66-67、2016年8月

「ドラッカーのささやかな知恵⑥――ゆったりと進む」(ドラッカー学への招待第60回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.66-67、2016年9月

「ドラッカーのささやかな知恵⑦――頭のよさより大切なこと」(ドラッカー学への招待第61回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.66-67、2016年10月

「ドラッカーのささやかな知恵⑧――社会生態学者になってみる」(ドラッカー学への招待第62回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.66-67、2016年11月

「ドラッカーのささやかな知恵⑨――自由に生きる方法」(ドラッカー学への招待第63回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.66-67、2016年12月

「ドラッカーのささやかな知恵⑩――お客はみな正しい」(ドラッカー学への招待第64回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.72-73、2017年1月

「仕事と人生の省察」(ドラッカー学への招待第65回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.62-63、2017年2月

「『予期せぬこと』を利用する方法」(ドラッカー学への招待第66回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.70-71、2017年3月

「上司について知っておくといいこと」(ドラッカー学への招待第67回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.66-67、2017年4月

「自らの気質を利用する」(ドラッカー学への招待第68回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.68-69、2017年5月

 

連載「ドラッカー学への招待」『しんくみ』(全国信用組合連合会)、第1~20回

連載「ドラッカー学への招待」『しんくみ』(全国信用組合連合会)、第21~40回

連載「ドラッカー学への招待」『しんくみ』(全国信用組合連合会)、第41~54回

連載「ドラッカー学への招待」『しんくみ』(全国信用組合連合会)第55~69回

書評『しんくみ』(全国信用組合中央協会)2016年1月号~12月号

 

【website】

 Drucker Studiesサイト開設(2017年4月12日)

 

 

【翻訳書】

1.J. ハンター「第8章 知識労働者のためのセルフ・マネジメント」C. ピアース・J. マチャレロ・山脇秀樹編著『ドラッカー・ディファレンス』東洋経済新報社、2010年8月、pp.159-188

2.ブルース・ローゼンステイン/井坂康志訳『ドラッカーに学ぶ自分の可能性を最大限に引き出す方法』(上田惇生監訳)ダイヤモンド社、2011年3月

3.ジョゼフ・A・マチャレロ、カレン・E・リンクレター/阪井和男・高木直二・井坂康志訳『ドラッカー――教養としてのマネジメント』マグロウヒル・エデュケーション、2013年3月

4.ボブ・ビュフォード/井坂康志訳『ドラッカーと私--経営学の父とテキサスの企業家の魂の交流』NTT出版、2015年10月

 

【翻訳論文】

1.ヴィンフリード・ヴェーバー「複雑性のマネジメント」『文明とマネジメント』(ドラッカー学会)No. 2、2008年11月、pp.151-157

2.ヘルマン・サイモン「ピーター・ドラッカー:明日の思想家、昨日の思想家」『文明とマネジメント』(ドラッカー学会)No. 2、2008年11月、pp.215-220

3.ドリス・ドラッカー「なぜ日本画に心惹かれたか」『文明とマネジメント』(ドラッカー学会)No. 2、2008年11月、pp.316-319

4.ブルース・ローゼンステイン「時空を超えて語りかけるもの」『文明とマネジメント』(ドラッカー学会)No. 2、2008年11月、pp.401-403

5.ブルース・ローゼンステイン/井坂康志訳「ドラッカーに学ぶ最高の生き方」『ダイヤモンド・オンライン』

6.リック・ワルツマン「ドラッカー・ソサエティ・グローバル・ネットワーク:アイデアを行動に転換するために」『文明とマネジメント』(ドラッカー学会)No. 2、2008年11月、pp.430-432

7.P. F. ドラッカー「コンサルタントの条件」『現代思想』(青土社)Vol. 38-10、2010年8月、pp.88-100

8.マーシャル・マクルーハン「耳を澄まし続ける人」『現代思想』2010年8月号

9.T. H. ボナパルト「ドラッカーの思想枠組み」『文明とマネジメント』(ドラッカー学会)No. 4、2010年11月、pp.176-186

10.M. マクルーハン「耳を澄まし続ける人」『文明とマネジメント』(ドラッカー学会)No. 4、2010年8月、pp.167-175

11.ジョン・E・フラハティ「教師としてのドラッカー」『文明とマネジメント』(ドラッカー学会)No. 7、2010年11月、pp.187-218

12.ジョゼフ・A・マチャレロ「教養としてのマネジメントの起源」『文明とマネジメント』(ドラッカー学会)No. 7、2012年5月、pp.219-239

13.M. クランツバーグ「技術史家としてのドラッカー」『文明とマネジメント』(ドラッカー学会)No. 7、2012年5月、pp.184-200

14. ジェレミー・ハンター「知識労働者のためのセルフ・マネジメント」『文明とマネジメント』(ドラッカー学会)No.8、2012年11月、pp.184-200

15. ブルース・ローゼンステイン「ドラッカーに学ぶ自分の可能性を最大限に生かす方法」『文明とマネジメント』(ドラッカー学会)No.8、2012年11月、pp.201-207

16.ドリス・ドラッカー「なぜ日本画に心惹かれたか」『ドラッカー・コレクション 珠玉の水墨画-「マネジメントの父」が愛した日本の美』(美術出版社)、2015年5月、pp.10-12
  

【学会発表・講演等】

1.[学会発表]「協同組織とネットワーク連携の特性分析」)第40回経済社会学会報告・学会発表(日本大学)2004年10月3日

2.[学会発表]「ドラッカーの保守主義」第42回経済社会学会報告・学会発表(上智大学)2006年10月1日

3.[学会発表]「保守と変革」第1回ドラッカー学会大会(早稲田大学)2006年11月19日

4.[講演]「ドラッカー経営学の淵源」相模原青年会議所(神奈川県相模原市)2007年1月12日

5.[学会発表]「事業:後世への最大遺物」第2回ドラッカー学会大会(小樽商科大学・札幌サテライトキャンパス)2007年5月19日

6.[研究発表]「ドラッカー思想の基本構造」経営戦略研究センター・ドラッカー学会立命館支部第2回ドラッカー研究会(立命館大学朱雀キャンパス)2007年9月8日

7.[研究発表]「ドラッカー研究への視角」ドラッカーの窓から明日を考える研究会(日立総合経営研修所本郷研修所)2008年7月19日

8.[講演]「日本のドラッカー研究」スコラ・コンサルト(東京都品川区五反田)2008年9月30日

9.[パネルディスカッション・パネリスト]「ドラッカーが期待していた日本とは」ドラッカー学会・淑徳大学共催ピーター・ドラッカー生誕100年記念シンポジウム、2009年11月19日

10.「Landmarks of Tomorrow: A Report from the New “Post-Modern World”の論点」ドラッカー学会研究部会(亜細亜大学)2010年5月21日

11.[特別講義]「ドラッカーの生き方・考え方」「経営学特論」亜細亜大学・ドラッカー学会寄附講座、2010年6月17日

12.[研究発表]「ドラッカー・スタディーズの可能性」ドラッカーの窓から明日を考える研究会(淑徳大学)2010年8月4日

13.[パネルディスカッション・モデレーター]「ドラッカーの日本および日本的経営観」ドラッカー学会・淑徳大学共催ドラッカー学会・淑徳大学シンポジウム、2010年12月4日

14.[講演]「コンサルタントのためのドラッカー」スコラ・コンサルト(東京都品川区五反田)2011年2月24日

15.[研究発表]「ドラッカー・スタディーズの未来」ドラッカー学会・早稲田大学ドラッカー学会第6回大会(早稲田大学)2011年5月14日

16.[講演]「フィードバック手帳術」㈱都田建設(静岡県浜松市)2011年8月18日

17.[研究発表]「ドラッカーのモダン」ドラッカーの窓から明日を考える研究会、2011年10月29日

18.[講演]「ドラッカーのマネジメントに学ぶ」埼玉県行田市商工会議所青年部、2011年11月4日

19.[パネルディスカッション・モデレーター]「『断絶』」ドラッカー学会・明治大学文明とマネジメント研究所記念シンポジウム、2011年11月19日

20.[特別講義]「その生きた時代」「ドラッカー入門講座」ドラッカー学会・明治大学文明とマネジメント研究所共催、2011年11月23日

21.[研究発表]「ドラッカーの人間観」早稲田大学ドラッカー経営思想研究部会(代表/遠藤功教授)、2012年11月30日

22.[パネルディスカッション・パネリスト」『ドラッカーの警鐘を超えて』」ドラッカー学会・明治大学文明とマネジメント研究所共催、2012年3月17日

23.[研究発表]「ドラッカーの人間観(2)」早稲田大学ドラッカー経営思想研究部会(代表/遠藤功教授)、2012年9月6日

24.[講演]「ドラッカーが『マネジメント』で本当に言いたかったこと」東京都信用組合協会、2012年10月24日

25.[研究発表]「村上春樹とドラッカー」ドラッカーの窓から明日を考える研究会、2013年4月13日

26.[講演]「ドラッカーの人物像」医療介護版ドラッカー研究グループ(代表 真野俊樹・多摩大学教授)、2013年5月26日

27.[講演]「ドラッカーが語らなかったいくつかのこと」ものつくり大学ドラッカー・上田文庫開設記念講演会、2013年11月4日

28.[講演]「世界の尊徳、尊徳の世界」㈱都田建設(静岡県浜松市)、2013年11月7日

29.[講演]「ドラッカーのマネジメント論」トーマツイノベーション、2013年12月14日

30.[講演]「ドラッカーのマネジメント(組織編)」ソニー生命アカデミー、2014年2月7日

31.[講演]「ドラッカーのマネジメント(社員編)」ソニー生命アカデミー、2014年3月7日

32.[講演]「トップマネジメント論」ソニー生命アカデミー、2014年4月24日

33.[講演]「ドラッカーの非営利組織経営」埼玉県福祉施設協議会、2014月5月13日

34.[講演]「ドラッカー経営学の要諦」JAIFAソニー・青森・盛岡夏季研修会(岩手県民情報交流センター)、2014年8月19日

35.[講演]「『ドラッカー入門(新版)』を語る」埼玉ドラッカリアンクラブ、2014年10月7日

36. [講演]「NPOの理論と変遷――ドラッカー理論を中心として」NPO法人コベル、2014年10月14日

37.「観察者としてのドラッカー」立命館大学経営学特講(ドラッカー経営学)講義、2014年10月20日

38.[研究発表]「『企業とは何か』を読む①」ドラッカーの窓から明日を読む研究会(明治大学グローバルフロント、花松甲貴氏との共同報告)、2015年4月11日

39.[研究発表]「『企業とは何か』を読む②」ドラッカーの窓から明日を読む研究会(明治大学グローバルフロント、花松甲貴氏との共同報告)、2015年5月9日

40.[講演]「ドラッカー経営学の究極の「手綱」--フィードバック思考を身につける」TMS企業交流会(LIXILグループ)、2015年5月21日

41.[研究発表]「『企業とは何か』を読む③」ドラッカーの窓から明日を読む研究会(明治大学グローバルフロント、花松甲貴氏との共同報告)、2015年6月13日

42.[講演]「すべての働く人のためのドラッカーのマネジメント」高崎食肉センター出荷者組合(前橋問屋町センター会館)、2015年7月9日

43.[研究発表]「『企業とは何か』を読む④」ドラッカーの窓から明日を読む研究会(明治大学グローバルフロント、花松甲貴氏との共同報告)、2015年7月11日

44.[講演]「ドラッカー入門 Q&A」第7回ミドルマネジメント研修(商人舎主催)、2015年7月16日

45.[講演]「『ドラッカー入門 新版』の解説」TOYAL未来創造塾(シグマクシス主催)、2015年7月18日

46.[講演]「ドラッカーの正しい使い方」長崎ドラッカー塾、長崎市市民会館アマランス、2015年9月5日

47.[講義]「ドラッカーはいかにして『ドラッカー』になったか」立命館大学経営学特講(ドラッカー経営学)、2015年10月8日

48.[講演]「ドラッカー入門 Q&A」第8回ミドルマネジメント研修(商人舎主催)、2015年10月22日

49.[講義]「ドラッカー--人、思想、実践」第1回ドラッカーの小さな学校(共同講演者、三浦一郎氏・阪井和男氏、ドラッカー学会主催、明治大学)、2015年10月24日

50.[講演]「ドラッカー入門--ドラッカー、上田惇生のメッセージを踏まえて」医療介護版ドラッカー研究グループ(代表 真野俊樹・多摩大学教授)、2015年10月31日

51. [講演]「NPOの理論と変遷――ドラッカー理論を中心として」NPO法人コベル、2015年11月12日

52. [研究発表]「『企業とは何か』を読む」ドラッカーの窓から明日を読む研究会(明治大学グローバルフロント、花松甲貴氏との共同報告)、2015年11月14日

53. [講演]「私とドラッカー」(上田惇生氏、岩崎夏海氏)、ドラッカー学会第10回大会(ものつくり大学)、2015年11月23日

54.[講義]「フィードバックの考え方」立命館大学経営学特講(ドラッカー経営学)、2015年11月3日

55.[研究発表]「フィードバックのための道具」ドラッカーの窓から明日を読む研究会(明治大学グローバルフロント)、2015年12月12日

56. [研究発表]「『企業とは何か』を読む」ドラッカーの窓から明日を読む研究会(明治大学グローバルフロント)、2016年3月12日

57. [研究発表]「生きるためのドラッカー」ドラッカー学会第11回大会(明治大学グローバルフロント)、2016年5月21日

58.[講演]「ドラッカー入門--マネジメントの急所」第9回ミドルマネジメント研修(商人舎主催)、2016年6月9日

59.[講演]「組織における個の能力と意欲を引き出す『フィードバック』の手法」(ネクストワールド・サミット、於・アーバン・フューネス)、2016年8月13日

60.[講演]「組織における個の能力と意欲を引き出す『 フィードバック』の手法」(金沢青年会議所)、2016年8月18日

61.[講演]「ドラッカーの神髄フィードバック-強みを生かし、成果を挙げるための目標設定・目標管理の極意」(Six Stars Consulting主催、於・東京国際フォーラム)、2016年8月25日

62.[講演]「ドラッカーのセルフマネジメント論 強みを成果に変える」(北海道大学技術研究会2016、工作技術フォーラム主催、於・北海道大学)、2016年9月2日

63.[講義]「ドラッカー--人、思想、実践」第2回ドラッカーの小さな学校(共同講演者、三浦一郎氏・阪井和男氏、ドラッカー学会主催、明治大学)、2016年9月17日

64.[講義]「ドラッカー-人と思想」立命館大学経営学特講(ドラッカー経営学)、2016年10月3日

65.[講演]「ドラッカー入門--マネジメントの急所」第10回ミドルマネジメント研修(商人舎主催)、2016年10月6日

66. “Drucker School & Me,” Claremont Graduate University Drucker School Almuni Night in Tokyo, October 7th, 2016 (the Palace Hotel, Tokyo)

67.[対談]「ドラッカーで読み解くITベンチャー経営」 (宇佐美進典氏(VOYAGE GROUP代表取締役)、2016稲門祭(早稲田大学本部キャンパス 8号館311教室))、2016年10月23日

68.[講演]「最も重要な五つの質問-ドラッカー最晩年の叡智」(上田惇生氏、ドラッカリアン・倶楽部、パインズホテル(浦和))、2016年10月25日

69.[対談]「村上春樹と私とノーベル賞」(ジェイ・ルービン氏(ハーバード大学名誉教授)(3rd_PAGE))、2016年11月12日

70.[対談]「ドラッカーと私」(岩崎夏海氏(作家)(第12回ドラッカー学会長崎大会・矢太櫻))、2016年11月19日

71.[講演]「最も重要な5つの質問」(CRI中央総研主催、群馬グランドホテル(前橋市)、2016年11月21日

72.[講義]「フィードバック あるいは最も重要な5つの質問」立命館大学経営学特講(ドラッカー経営学)、2016年11月28日

73.[報告]「フィードバック手帳の実践」フィードバック手帳研究会、富士通ラーニングCO☆PIT(東京都品川区)2016年12月14日

74.[対談]「社会生態学とは何か」佐藤等氏(佐藤等公認会計士事務所)、渋澤ドラッカー研究会(アーバン・フューネス(豊洲))、2016年12月17日

75.[講演]「フィードバック手帳の実践と考え方」(税理士法人エナリ(神奈川県小田原市))2016年12月24日

76. [研究発表]「もう一人のキルケゴール」ドラッカーの窓から明日を読む研究会(斎木氏と共同発表、明治大学グローバルフロント)、2017年3月11日

 77. [対談]「人を活かすマネジメント」渋沢ドラッカー研究会(岩崎夏海氏、アーバンフューネス(豊洲))、2017年4月15日

 78. [報告]「ギリシャの哲人&ドラッカーに学ぶ」渋沢ドラッカー研究会(アーバンフューネス(豊洲))、2017年4月15日

 79. [報告]「個を強くする-ドラッカーのセルフマネジメント」第2回地域経営研究会(明治大学グローバルフロントC4会議室)、2017年4月19日

 80. [講演]「ドラッカーに学ぶ働き方改革」日本印刷産業連合会(日本印刷会館)、2017年4月26日

81.「われわれはいかに働きどう生きるべきか--ささやかな世界で強みを生かす」(「われわれはいかに働き、どう生きるべきか」(ネクスト・ソサエティ フォーラム2017)ドラッカー学会)2017年5月13日

82.[対談]「全体総括『エッセンシャルマネジメントとしてのドラッカー思想の再生--なぜ、ふたたびドラッカーなのか?』」(西條剛央氏(早稲田大学大学院(MBA)客員准教授))(「われわれはいかに働き、どう生きるべきか」(ネクスト・ソサエティ フォーラム2017)ドラッカー学会)2017年5月13日

83.[講義]「ドラッカーによるマネジメント 基本原則」(マネジメント力養成講座「組織管理」(東京都病院経営本部))(東京都庁第一本庁舎117会議室)2017年5月18日

84.[講義]「フィードバック手帳」(「情報社会論」阪井和男・明治大学法学部教授ゼミ、明治大学駿河台キャンパス)2017年5月31日

85.[ワークショップ]「フィードバック手帳の使い方」(石川実氏と、TRUNK(渋谷))2017年6月7日

86.[講演]「ドラッカー入門--マネジメントの基本原則」第11回ミドルマネジメント研修(商人舎主催)、2017年6月21日

87.[講演]「フィードバックとは何か」ネクストワールド・サミット(リーダー会)、アーバンフューネス(東京・豊洲)、2017年7月6日