Category Archives: 社会生態学

  • 山梨さん
    「可憐」   可憐   君よ、憶えている はじめて会った日のことを   君よ、リノリウムの鈍い廊下に 午後の薄日が茜に射し込み   君よ、その手その瞳 今も古い歌を唄ってる &nb […]
    8月 21, 2017 17
  • IMG_1302 社会生態学者になってみる
    社会生態学者になってみる(pdf)
    11月 14, 2016 408
  • kobayashi 【書評】小林秀雄『人生について』
    【脳を刺激する名文を】 小林秀雄『人生について』中公文庫 大学時代だったか、小林秀雄は意識してわかりにくく文章を書く人だなどとしたり顔に言う先輩がいて、以来小林秀雄は難しいものだと決め込んでしまったのだが、しばらく前に何 […]
    3月 08, 2016 627
  • IMG_0197 社会生態学者は回想する
    「パン屋のリアリティはパンの中に存在するのであって、小麦粉の中にあるわけではない」(村上春樹)。   ドラッカーの著作には、「回想」というストーリー手法で書かれたものがいくつかある。半自伝とされる『傍観者の時代 […]
    11月 26, 2015 611
  • 無題 【書評】『一神教と国家――イスラーム、キリスト教、ユダヤ教』
    【私たちが知らないもう一つの世界】 内田樹・中田考『一神教と国家――イスラーム、キリスト教、ユダヤ教』集英社新書   近年イスラム関連の諸国を遠因とする事件が国際ニュースのトップを飾ることが多い。 最近ではドイツに向かう […]
    10月 06, 2015 485
  • tumblr_inline_mzqitpDHAs1qjn1sr ベゾスは2005年にすべてを語っていた
    amazonの未来はすべてこのインタビューで語られている。 ベゾス・インタビュー
    8月 24, 2015 440
  • 51qIN6nsifL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-v3-big,TopRight,0,-55_SX324_SY324_PIkin4,BottomRight,1,22_AA346_SH20_OU09_ 【社会生態学者の本棚】駅伝・青学原監督の本
    【スポーツの普遍性】   原晋『逆転のメソッド』祥伝社新書   時々思うのだが、スポーツがビジネスに似ているのではなく、ビジネスのほうがスポーツに似ているのではないか。 日本でも昨今そうなりつつあるけれども、ア […]
    8月 13, 2015 829
  • 運河 ドラッカーの話法③--あるがままに見る
      ドラッカー話法の基本型は、「すべてをありのままに見る」ことに尽きる。ここでふと思われるかもしれない。 「ありのままで見る? どう見ればいいのだろう」 そう、ありのままで見るというのは、決して簡単なことではな […]
    8月 07, 2015 4119
  • 満州 「勇気を持ってサボる」(安冨歩)
      私は大学を卒業して住友銀行(現三井住友銀行)に入りました。その少し前にプラザ合意があって、円高がはじまります。日銀が市場を大量に供給しましたので、余ったお金を土地融資・投資などに突っ込んでいくようになったの […]
    7月 31, 2015 1532
  • 無題 【社会生態学者の本棚】小澤征爾・村上春樹対談
      【協奏の世界】 小澤征爾・村上春樹『小澤征爾さんと、音楽について話をする』新潮文庫 時にスポーツ選手がビジネスマンの参考にされるわりには、音楽家が参考にされる頻度が低い気がしてならない。だが、音楽もまた、組 […]
    7月 28, 2015 559
1 2 3 6