Most Recent Articles
  • IMG_3137 巡礼の年(東欧紀行)
    巡礼の年(ワルシャワ、プラハ、ブダペストの印象)   「巡礼の年」」『多田ゼミ同人誌・研究紀要』Vol.11(一橋大学大学院社会学研究科・社会学部 多田治ゼミナール)2017年10月29日、pp.63-81
    11月 01, 2017 1265
  • 12096428_1033520040001818_463174194424460918_n 「キルケゴール論」について
    「キルケゴール論」   「『もう一人のキルケゴール』を読む―ある葛藤と緊張関係についての考察」(「ドラ窓研設立10周年記念 ドラッカーの窓から明日を考える--『すでに起こった未来』研究論文集」)2017年10月 […]
    10月 10, 2017 1248
  • 看板 最近の連載
    ドラッカーと気質論(PDF) 書評(PDF)
    9月 19, 2017 1164
  • IMG_3089 書評『最後の四重奏』
    [書評]『最後の四重奏』」『C&M Journal』7(ドラッカー学会)2017年9月、p.15
    9月 13, 2017 940
  • 11951210_1018176871536135_9154360404358746721_n 『しんくみ』
    「現代人はドラッカーに何を求めているのか?」(ドラッカー学への招待第1回)『しんくみ』(全国信用組合中央協会)pp.82-83、2011年10月 「彼は何者だったのか」(ドラッカー学への招待第2回)『しんくみ』(全国信用 […]
    7月 13, 2017 1115
  • IMG_2888 Drucker Studiesサイト開設
    Drucker Studiesサイトを開設しました。
    4月 13, 2017 1155
  • IMG_1292 予期せぬことを利用する方法
    予期せぬ成功――。 ある意味で、ドラッカーの推奨するイノベーションの本質がここにある。予期しなかったことの内省がイノベーションのはじめなのかもしれない。 ドラッカーの書物には、予期せぬことがらを利用できなかったり、ないが […]
    3月 15, 2017 1309
  • IMG_5471 クレアモント(詩集)
    目次 全文を読む→「クレアモント」(pdf) 小瓶 即興曲 タイプライター 革命 孤独 ハル・レヴィット教授 老木 道標 籐椅子 選択 影 曇天 書斎 最後の希望 幻 封印 インディアン・ヒル ぶどう畑 サンタ・モニカ […]
    3月 13, 2017 1479
  • IMG_2765 ドラッカーに学ぶ話し方
    はじめに――「ドラッカー話法」の力をどう引き込むか 序章 ドラッカー自身が実際に活用していた三つの原則 ■私がドラッカーに会ったとき ■なぜドラッカーは「ドラッカー話法」を選んだのか ■「断絶の時代」を生きる私たちに必須 […]
    2月 17, 2017 2167
  • 41R13MDt57L__SX309_BO1,204,203,200_ 書評『村上春樹は、むずかしい』(加藤典洋)
    そもそもが「〜離れ」という言い回し自体がものごとを一面的に、誤った光の当て方をしているだけのように思われることが少なくない。 「活字離れ」「文学離れ」などが典型であるが、私の見たところでは、逆である。むしろ世の中はいっそ […]
    2月 15, 2017 1027
1 2 3 4 5 6 22