Most Recent Articles
  • 樹_修正版20170622 ドラッカーの樹
    樹はいかにしてできたか 井坂康志 メタファーとしての世界 いささか耳慣れない話になるが、世にあるものは何らかの理念の具現とするのがゲーテの考え方である。テーブルも、椅子も、コップも、スマホも、自然でさえ、何らかの思考の産 […]
    12月 06, 2017 1097
  • 11796402_996067630413726_2840470440868819304_n ドラッカーに学ぶ働き方改革
    ドラッカーに学ぶ働き方改革1 ドラッカーに学ぶ働き方改革2
    11月 14, 2017 1058
  • IMG_1865 反転と回帰-ドラッカー晩年の思想
    最近の書き物。 「エッセンシャル・マネジメントとしてのドラッカー思想の再生--なぜ、ふたたびドラッカーなのか?」 共著(西條剛央氏) 2017年11月11日 『文明とマネジメント』(ドラッカー学会)第14号、pp.3-2 […]
    11月 14, 2017 618
  • IMG_3137 巡礼の年(東欧紀行)
    巡礼の年(ワルシャワ、プラハ、ブダペストの印象)   「巡礼の年」」『多田ゼミ同人誌・研究紀要』Vol.11(一橋大学大学院社会学研究科・社会学部 多田治ゼミナール)2017年10月29日、pp.63-81
    11月 01, 2017 668
  • 12096428_1033520040001818_463174194424460918_n 「キルケゴール論」について
    「キルケゴール論」   「『もう一人のキルケゴール』を読む―ある葛藤と緊張関係についての考察」(「ドラ窓研設立10周年記念 ドラッカーの窓から明日を考える--『すでに起こった未来』研究論文集」)2017年10月 […]
    10月 10, 2017 629
  • 看板 最近の連載
    ドラッカーと気質論(PDF) 書評(PDF)
    9月 19, 2017 564
  • IMG_3089 書評『最後の四重奏』
    [書評]『最後の四重奏』」『C&M Journal』7(ドラッカー学会)2017年9月、p.15
    9月 13, 2017 432
  • 山梨さん
    「可憐」   可憐   君よ、憶えている はじめて会った日のことを   君よ、リノリウムの鈍い廊下に 午後の薄日が茜に射し込み   君よ、その手その瞳 今も古い歌を唄ってる &nb […]
    8月 21, 2017 221
  • 猫 やがてわかれがやってきて
    「やがてわかれがやってきて」 作詞作曲/井坂康志   (やがてわかれがやってきて)   やがてわかれがやってきて 会えない時の音もなく 無色の津波でゆっくりと 扉は永遠に閉ざされて 真昼の空を見上げて […]
    7月 31, 2017 553
  • IMG_20170724_064923 もういちど子供になれたら
    もういちど子供になれたら 作詞作曲/井坂康志 「もういちど子供になれたら(みずいろ汽車に飛び乗って)」(MP3)   もういちど子供になれたら みずいろ汽車に飛び乗って あのまちにひらりと現れて 子供のきみを探 […]
    7月 24, 2017 316
1 2 3 4 21