Category Archives: ドラッカー研究

  • 樹_修正版20170622 ドラッカーの樹
    樹はいかにしてできたか 井坂康志 メタファーとしての世界 いささか耳慣れない話になるが、世にあるものは何らかの理念の具現とするのがゲーテの考え方である。テーブルも、椅子も、コップも、スマホも、自然でさえ、何らかの思考の産 […]
    12月 06, 2017 233
  • IMG_1865 反転と回帰-ドラッカー晩年の思想
    最近の書き物。 「エッセンシャル・マネジメントとしてのドラッカー思想の再生--なぜ、ふたたびドラッカーなのか?」 共著(西條剛央氏) 2017年11月11日 『文明とマネジメント』(ドラッカー学会)第14号、pp.3-2 […]
    11月 14, 2017 344
  • 12096428_1033520040001818_463174194424460918_n 「キルケゴール論」について
    「キルケゴール論」   「『もう一人のキルケゴール』を読む―ある葛藤と緊張関係についての考察」(「ドラ窓研設立10周年記念 ドラッカーの窓から明日を考える--『すでに起こった未来』研究論文集」)2017年10月 […]
    10月 10, 2017 313
  • 看板 最近の連載
    ドラッカーと気質論(PDF) 書評(PDF)
    9月 19, 2017 330
  • IMG_3089 書評『最後の四重奏』
    [書評]『最後の四重奏』」『C&M Journal』7(ドラッカー学会)2017年9月、p.15
    9月 13, 2017 167
  • IMG_2888 Drucker Studiesサイト開設
    Drucker Studiesサイトを開設しました。
    4月 13, 2017 396
  • IMG_1292 予期せぬことを利用する方法
    予期せぬ成功――。 ある意味で、ドラッカーの推奨するイノベーションの本質がここにある。予期しなかったことの内省がイノベーションのはじめなのかもしれない。 ドラッカーの書物には、予期せぬことがらを利用できなかったり、ないが […]
    3月 15, 2017 432
  • IMG_2765 ドラッカーに学ぶ話し方
    はじめに――「ドラッカー話法」の力をどう引き込むか 序章 ドラッカー自身が実際に活用していた三つの原則 ■私がドラッカーに会ったとき ■なぜドラッカーは「ドラッカー話法」を選んだのか ■「断絶の時代」を生きる私たちに必須 […]
    2月 17, 2017 613
  • IMG_2954 仕事と人生についての省察
    いわゆる成果について私たちはおおげさに考えがちである。人から認められたり、ほめられたり、持ち上げられたりする成果にばかり目がいってしまい、トータルな人生にとって意味ある成果が見えなくなってしまう。 ちょっと考えてみてほし […]
    2月 15, 2017 361
  • IMG_2737 弱みを克服すべきか
      「弱みを克服せよ」と言う。ひどい場合には、「弱みを克服して、強みにせよ」とさえ言う。 ドラッカーの考えからすれば、精神論としてはともかく、現実的な有効性はゼロどころかマイナスということになるだろう。 確かに […]
    2月 06, 2017 711
1 2 3 11