はるか彼方を思う(PDF)

IMG_2586
LINEで送る
Pocket

「はるか彼方を思う」(詩集)→全文を読む(pdf)

目次

もういちど子供になれたら

ベルリン・マン

渡良瀬――きみは夕日を見ていた

おやすみ

(ひとつ詩ができるということは)

月光に波打つ海

(無題)

大山

硫黄

(やがてわかれがやってきて)

黄金の酒蔵――死者たちを讃える歌

三之宮比々多神社

(いったいこの世界は)

足跡

君は雪の中へ(白き田野に立つ君は)

川べり

てぶくろ

ブルーズ――ちいさな死を友として

システム

はるか彼方を思う